上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんと・・・10日間の研修を受ければなれちゃうのです!!

この間、その研修を見学に行ってきました☆
(これも、NGOに援助されて開催出来ています。)

さて、どんな研修でしょう?!


教材作りの時間

この状態で、ひざで支えて色塗りをしたりと器用です。
が!しかし・・・、そのレベルは本当に様々で、すごく上手に塗る人もいれば、4・5歳児?と思うような塗り方もあったり、ハサミでまっすぐ切れない人もいて ビックリしてしまいました。
でも、この国では子どものときに、十分な情操教育を受けていない人が多いので、そんな経験がなかなかないのだから仕方ないですね。
いかに、当たり前のようにしている経験が大切か・・・その経験の一つひとつに大きな大きな可能性があるってことを感じています。


CIMG6901_convert_20110629145924.jpg

歌の時間

手遊びや体操?(体操と言えないような一応体動かしてるけど・・?という感じ(~_~;))なども、学びます。


CIMG6954_convert_20110629150149.jpg

折り紙製作の時間

こちらでは、折り紙は高級品!!なかなか手に入りません。。
なので、カラーのコピー用紙を正方形に切るところから始めます!!
これは、一つの形を折って、その後は自分の想像で膨らませて製作します。
この形は・・花束になりそう!!
犬の顔でもいいんじゃない?!
なんて、話をしながら想像を膨らませて・・・♪


CIMG6967_convert_20110629150301.jpg

講義の時間

みっちり教育についての講義もあります。
みんな、必死でノートを取っていました。
内容は難しすぎて、私の今の語学力では理解出来ません・・・(@_@;)


073_convert_20110702141707.jpg

こんな研修を10日間受けたら、いざ先生に!!!!!

そうしたら、一つのマタイサハコムを任されるわけです。

そこには先生は1人だけ!!

そして、決められたカリキュラムを見て、教科書を見て・・・自分で保育をしなければなりません。

カリキュラムと言っても細かいですよ!!


とある日のカリキュラム
(7:30~10:45)
1.朝の会
2.遊びの活動
3.毎日の活動
4.算数(数)
5.休憩
6.実験(理科)
7.歌


という風に、本当に細かく決められているのです。

幼稚園なら、他の先生もいるけれど、聞く先生もいない中で自分ですべて進めなければならない・・。

幼稚園教員養成校がカンボジアで1校しかなく、先生が足りないので10日の研修後に先生になれるという仕組みがあります。
(幼稚園の年輩の先生は、教員養成校など出ていない方がほとんどですが・・・。)

私は短大で、初めての実習に行くのも心臓バクバクで行っていたことを思うと、厳しいぃ~(>_<)と思います。。

5か所のマタイサハコムを見てきましたが、それぞれです・・。

一生懸命工夫して、子どものために頑張っている先生・・
この仕事が大好きと心から思っている先生・・
難しい・・と言って、今日のカリキュラムがどこかも分からない先生・・
指導力がなく、子どもを集中させられず、子どもが話を聞けないと怒る先生・・
自分の子ども(赤ちゃん)を連れてきているので、その子の面倒を見るのに必死で保育がままならない先生・・

などなど、様々です。

先生方の大変さに共感できるとともに、カリキュラムが細かく決められている意味も、教育局の人が厳しく指導するのも少しわかった気がします。。

細かいカリキュラムに息がつまりそうやと思っていたけど、指導経験がない先生にとっては決められていた方が指導しやすい・都市部の幼稚園に行っている子どもたちとの教育の温度差を少しでもなくすために・・・は良いという一面が見えた気がします。

ここで私に出来ることは?
どんな方法が一番良いんかな?

ただ今、模索中・・・。

地方への援助の形と、市内の幼稚園への活動。

さぁ、どうしようかなぁぁ・・・。

小学校内にある1クラスの幼稚園で一人で頑張る先生に対しての活動も求められているので、今は、そんな幼稚園を見に行き始めました。

教育局のカウンターパーに、一人でも行っていいよと言われたので突撃訪問です!!

毎回ちゃんとたどり着けるか、突然行って見せてもらえるかな?とドキドキの訪問です(^_^;)


まだまだ現状把握中で、たいしたことは何も出来ていないけど・・・
一番感受性が強い幼児期の子どもたちにとって、教育は本当に大切なことだと思います。

その時に
どんな経験をして
どんなふうに感じて
そこから興味が広がって・・・
子どもたちはあらゆることから学んで可能性がどんどん広がっていく・・。

限られた子どもでいられる時間に、子どもらしくいっぱい感じてほしい・・・。

どんな状況であっても、カンボジアの子どもたちは、たくましく育っている姿を日々目にしているけど・・・
そんな子どもたちの瞳がキラッと光る瞬間がさらに増えるような活動につなげられるように・・・

笑顔の種まきが出来ますように・・・



毎日照りつける太陽の日差しを浴び、カンボジア人化しつつ・・・・・・

模索します・・・。





さやか☆






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sayaka271.blog33.fc2.com/tb.php/62-d3db4a8e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。